ウソ850から900くらいの話

俳優・大堀こういちの日記どす。イベントやハナクソンズのお知らせもありまっせ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

雨だねえ。

すいません。
つづき。

カーンカーンカーン。もう少しで木ガ倒れる。僕は思いっきり叫ぶんだ。
「木がたおれるぞおお!」
大きな木がゆっくり倒れて行く。ふと倒れる先を見ると、
クマさんが立っているんだ。
このままいくと確実にクマさんの頭にあたる。
ヤバイ。
「クマさーーん。上から木が、木があああ!」って叫んでもクマさんは
キョトンとしてこっちを見てるんだ。くそ!

僕は全速力で走る。木がどんどん倒れる。
もう少しでクマさんに。木が倒れる。
ああああ、クマさんにタックルううううう!木が「どしいいいいん」と倒れた。
森中にまるで怒りの雄叫びのように響き渡る。
「はあはあはあ、はあはあはあ、」吐く息が白い。地面が湿っている。
クマさんと目が合った。
するとクマさんがいきなり襲いかかってきた。
ケンカを売られたと思ってしまったらしい。
僕は「ちがうんだクマさん。僕は君を助けようとして。」
でもクマさんは言葉がわからないからドンドンパンチをくり出す!。
僕とクマさんの戦いがはじまった。そして、
1時間の格闘の末僕はなんとか勝った。
クマさんが「おめえ、つええな。」って言って森の中に消えていったんだ。
「しゃべった。」僕は呆然と立ち尽くしていたんだ。」

というぐらい好きだよ。と彼女に言った。
でも彼女は案の定すっかり寝ていたのであった。
寝息のここちよい一定のリズム。
夜が更けて行く。
僕も眠くなる。
うん。もう寝る。


なんてね。
じゃあ。また。

こういちハナクソン。

PS でもこれってどうやって見れるの?なんだかよく分からなくて書いてる
  俺もどうなの?まあいいか。(いいのか?と自分に?ですが。)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こういちハナクソン 様

読みに来ました。
ブログ(?)読めてうれしいです。
そして、不思議なウソワールド…ステキです。

昨日は小象さんのステキな歌声に魅了されました。

どうでも良いコメント残してみました。

maeco | URL | 2007年03月12日(Mon)19:55 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。